エリアを限定して休業要請・時短営業へ - 愛知県議会議員 直江弘文 公式サイト

HOME > TOPIC > エリアを限定して休業要請・時短営業へ

エリアを限定して休業要請・時短営業へ

8月1日の記者会見で、エリアを限定した時短営業・休業要請をお願いすることがきまりました。

それについて、触れる前に感染者数の数字を

 

8月1日

新規感染者数:181人

県所管 55人

名古屋市 109人

豊橋市 0人

岡崎市 4人

豊田市 13人

 

5日連続で、150人をこえており、「厳重」警戒になります。

 

7日間の一日あたりの平均

新規感染者数 一日あたり 123.4人

陽性率 16.4%

重症化率 2.3%

30代以下の全体に占める割合 70.7%

検査件数 900-1000件

7月前半の感染経路は東京都由来が8割程度だったが、現在は感染経路不明が55%

 

数字から見てわかるように非常に厳しい状況が続いています。

 

続いて、営業時間短縮・休業要請についてです

業種・エリアを限定して営業時間短縮・休業要請を行います。

対象エリア:錦栄3丁目1-15番街 栄4丁目

対象業種:夜の接待を伴う 酒類の提供を伴う飲食店・カラオケ店(詳細は明日)

対象期間:8月5日~24日

 

休業要請と、時短営業要請の差異について

休業要請を行う店舗については、愛知県が行う「安全・安心宣言施設」に認定されていない店舗は休業要請を行います。

時短営業の要請を行う店舗は「安全・安心宣言施設」の認定が行われている施設となります。

さらに、営業時間短縮・休業要請に伴い、休業期間の20日間、要請に応じていただいた店舗には1日1万円の補償が行われます。しかし、「安全・安心宣言施設」に認定されていない店舗につきましてはこの補償がされません。

この施設に認定されるには、ガイドラインを遵守していただけることが求められます。

申請はこちらから、

https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/anshinpr2.html

 

ガイドラインはこちらから

https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/anshinpr2.html

 

認定されないと補償されませんので、皆様ご申請ください。

 

新型コロナウィルスのフェーズも新たなものになっています

緊急事態宣言については、現時点では考えてないそうです。現段階では、エリアを絞り込んでの対策になります。

みなさま、何卒お願い申し上げます。