活動報告 - 愛知県議会議員 直江弘文 公式サイト

HOME > 活動報告

活動報告

欧州視察に来ました(その3)

愛知県議会議員の海外調査団の団長として、2か国目のドイツ視察です。

1日目は在ドイツ日本大使館です。

ドイツの社会・経済の最新事情や、「マイスター教育制度」・「第4次産業革命=インダストリー4.0」についても調査しました。
「インダストリー4.0」とは、ドイツ政府が推進している、IoT(Internet of Things)を駆使した次世代のハイテク産業の構築・確立を目指す戦略です。
産業機械や物流・生産設備のネットワーク化、機器同士の通信による生産調整の自動化、センシング技術による製造管理などによりなり、「第4次産業革命」とも呼ばれます。
ドイツでは機械・情報通信などの業界団体が「インダストリー4.0プラットフォーム」を設立し、10~20年後の実現を見据えたシステム基盤の整備を推進しています。

 


 
 

欧州視察に来ました(その2)

愛知県議会議員の海外調査団の団長としてオランダに来ました。

 

2.認知症対策

視察2日目は、認知症の診断直後の人のケアに重点を置き、医療機関と介護ケアをつなぐことで、認知症の人が住み慣れた地域で速やかに適切なケアを受けることができるよう活動している「オーデンハウス」の取り組みや運営方法について調査しました。

 
 

 
 
 

 
 
 
 

オランダで広く行われている、農業と認知症ケアを連携させた新たな取り組み「農業ケア」を「パラダイスファーム」で視察しました。日本でも有数の農業県である愛知県の認知症対策の参考になると感じました。
 
 
 

 
 
 

 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

欧州視察に来ました(その1)

愛知県議会議員の海外調査団の団長としてオランダに来ました。

1.農業振興

視察1日目は、農業にIT技術を導入した「スマートアグリ」により、世界第2位の農産物輸出国となったオランダで現状や課題を知るために「トマトワールド」を視察し、愛知県が目指している農業生産力の向上や競争力強化には何をすればよいかを調査しました。